嚥下食工房【七日屋】nanokaya
嚥下食工房【七日屋】nanokaya
メインイメージ

企業情報

Company Profile

ごあいさつ

弊社は社会保障制度を通して障がい者、要介護者の方へサービスを提供する事業者です。
平成13 年の開設当初より重度の障害を持った方、寝たきりの高齢者の方たちを中心に支援をしてきました。その方たちの多くは生活のほぼすべてを家族や介護者に任せて過ごすことになります。食べることに関しては身体状況の変化によって飲み込みにくくなる(摂食、嚥下障害)ことがあり、とくに誤嚥による肺炎を予防するうえで、嚥下食は欠かせません。
しかし、嚥下食を作るには「専門的な知識」「専用の調理器具」「複雑な調理行程」が必要です。介護を担う方がご家庭で嚥下食を作る場合は想像以上に大変な労力負担となり、毎日毎食では食を楽しむより栄養を補給することが優先されてしまいがちになります。
七日屋の「しあわせごはん®︎」は安全に食べるというだけでなく、旬のものを美味しく食べるために食材から調味料の隅々までこだわりました。何よりも1 回分の食事をセットで提供することも目的の一つとして開発してきました。そういう意味でも、七日屋の「しあわせごはん®︎」は今までにない商品です。

笑顔になれるような商品を

設立して今日まで、弊社は障がい者、高齢者、ご家族の方々に支えられてきました。嚥下食工房七日屋の事業は皆さまの暮らしに少しでもお力添えができればとの想いからの取り組みであり、社会的な貢献の一翼になればと考えています。七日屋の「しあわせごはん®︎」で多くの方が笑顔になっていただければ幸いです。

嚥下食工房七日屋の意味

七日屋を縦にすると旨屋とも読めます。一週間の七日、毎日美味しい食事を食べていただきたいという思いから嚥下食工房七日屋と名付けました。

代表取締役
清永 剛一朗

代表取締役 清永 剛一朗

会社概要

社 名
有限会社 月翔 きららグループ
代表者
代表取締役 清永 剛一朗
設 立
平成13 年10 月
資本金
300 万円
従業員数
100 名 (女性70名 男性30名)
所在地
本社  
北九州市小倉南区若園1丁目3番2号
その他 
北九州市八幡西区幸神1丁目7番5号
    北九州市八幡東区西本町4丁目12番18号
    北九州市小倉南区北方1丁目1番46号
事業内容
障害福祉サービス(生活介護・就労継続支援B型・放課後等デイサービス・訪問介護・相談支援) 介護保険サービス(訪問介護・ケアマネジメント)七日屋 配食 嚥下食のオンライン販売

アクセス

toparrow

TOP